スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連携テスト

色々な連携が出来るかどうか楽しみです。
スポンサーサイト

営業マンの違い

前回、4LDKを中古マンションを買い損ねてしまいましたが、内心「いきなり初めて見た物件に決めていいものだろうか」という不安があったため少しホッとしたところがありました。

ただ、最初の物件で思いのほか良いマンションを見たので、気を良くした私は以降色々と中古マンションを見学するようになりました。

最初の4LDKを紹介してくれたのは50代ぐらいの男性営業マンで、柔らかい口調ながら次々と物件を紹介してくれる方でした。
1度の紹介で3~5物件ぐらい紹介してくれるのはいいのですが、何度説明しても希望の間取り(4LDK)のものがなく概ね広めの3LDKばかりでした。

会社自体は関東・関西・東海でマンション販売を中心に行っている有名な企業なのですが紹介されるエリアが極端に狭く、以降「コレ」と言った物件になかなか出会いませんでした。

この時期は並行して色々な会社から中古マンションを紹介いただいたのですが銀行系の営業マンは少し酷く、やや上から目線のうえ提案もなかなかせずに、こっちが物件を見たことすら忘れていた頃に突然「先日の物件はいかがでしたか?」という電話を掛けてくる始末。

まぁ、会社の風土というよりも営業マン個人の資質というところによるものなのですが、営業マン1人の態度でここまで会社の印象が変わるかと思うと、思わずゾッとしてしまいました。




お金に困らなくなる マイホームの買い方・つかい方―「暴落するマンション・売れない一戸建て」をつかまない知恵



にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ
にほんブログ村

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

希望間取りの設定

現在、夫婦2人暮らしですが夫婦ともに自宅で仕事をする機会が多く、田舎から親が遊びに来ること、そして将来的なことを考えると最低4LDK(できれば5LDK)の間取りが欲しいところです。

ただ、5LDKという物件は滅多にお目にかかれないため、実際には4LDKの物件を探すことにしました。

やはり、長い期間ローンを返済することを考えると、様々なケースを想定して間取りを設定しなければならないと思いますし、立地条件を含めてある程度の便利さを満たしておけば、万一の際には物件を売却することも可能だと思いますので、立地条件同様に間取りについてもこだわりました。

・・ただ、夫婦2人暮らしということで、不動産屋は良い4LDKの物件がないとすぐに3LDKの提案をしてきたので結構無駄な時間を過ごしたこともありました。

得をするマンションの選び方 ――プロが教える77のポイント (角川oneテーマ21)



にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ
にほんブログ村


テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

立地条件の設定

職場となる事務所はJR「新大阪」駅から徒歩7分程度のところにあり、地下鉄御堂筋「西中島南方」駅から徒歩5分、阪急京都線「南方」駅から徒歩7分ということで、マイホームの立地条件としてはJR(東海道)、地下鉄(御堂筋)、阪急電鉄(京都線)のいずれかの駅に近いということでした。

但し、電車に乗っている時間は短い方がいいので、エリアとしては東が新大阪駅(南方駅)~高槻駅(高槻市駅)の間で、北が西中島南方駅~千里中央駅までを想定し、西ならびに南については対象外としていました。
北と東に絞った理由はベットタウンが並ぶということから手頃な物件があるだろうということと、南と西は大阪駅(梅田駅)などオフィスエリアになっていしまうためです。

また、自宅近くの駅からマイホームまでは徒歩で通勤することが多いため、駅から徒歩10分程度までの距離にエリアを絞りました。

不動産屋はバスの利用や自転車通勤を提案してきましたがバスは時間が読みづらく、自転車は雨・台風や飲酒時のことを考えると利用したくありませんでしたので、徒歩にこだわりました(大阪は平地が多いため自転車通勤の方も多いのですが・・)。

毎日のことなので、立地条件は譲れないポイントの1つだと思います。

「マイホーム」賢い人はこうして買う!―夢をかなえる資金計画マル秘テクニック



にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ
にほんブログ村

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

人気物件は早い者勝ち

先に正式検討している方がいるのにオープンハウスをしていることを考えると内心、「購入する人がいるのにチラシを配布するなよ」と思ったのですが、後々判明することですがどうやらチラシは単価を下げるために大量に印刷し、それを何週かに分けて配布するため、どうしても購入希望者がいる物件についてもチラシ告知してしまうことになるそうです。

・・でも、せめて中古マンションに入った瞬間に「この物件はとても人気で、今最終的に購入をご検討されている方がいらっしゃいますが、ご案内させていただいて宜しいでしょうか」の一言があっても良いのでは?? という小さな不満を抱きながら家路につきました。

そして、後日「スミマセン、先客が正式に購入を決めてしまいました」の電話が。

やっぱり人気の物件は早い者勝ちなのですね。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

プロフィール

Author:一戸建て初心者
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。